STAFF BLOG

CAN YOU FEEL IT ?

スタッフのつぶやき / 2018年03月20日

こんにちは。

雨と風にさらされながら、
今日も一生懸命働きます、
事務所スタッフ・加藤です。

と、さも血を吐くほどに働いているかのような書き出しですが、
そこまでではないです。
ですが、3月は繁忙期ということもあり、
事務所一同、出来るだけ早くお客様のご注文に応えようと、
日々一生懸命、労働にいそしんでおります。

そんなスタッフの横顔ショットをパチリ!

と、勝手に写真でも撮ろうものなら、マジでキレられそうなので、
やめときます。

いずれにせよ、みんな毎日頑張っています。
「で、おまえは?」とは言わないで下さい。

それでは今日の一曲。

Larry Heard aka Mr. Fingersの大ヒット曲で、
今日のブログのタイトルでもあります。
「Can You Feel It?」。

シカゴハウスの超有名曲で、
初めて聴いた時にはしばらく聴き込みました。
シンプルなシンセベースのフレーズと穏やかなシンセパッド、
曲の構成に変化をつけるリズムパターン。
初期シカゴハウスの典型的な構成パターンです。

初期のシカゴハウスにおいては、
今のように手ごろで高性能な機材は皆無に等しかったため、
当時投げ売り状態だったアナログシンセや
リズムマシンを駆使して作られたものが殆どでしたが、
この曲も多分に漏れず、安いアナログシンセとテープレコーダー、
リズムマシンを使って製作されたようです。
曲を聴く限り、殆どの音は、「Roland JUNO-106でできた音じゃないかな」
と思って聴いていたのですが、
最近買ったシンセサイザー、Roland JP-08という機材を弄っていましたら、
殆ど同じ音がこれ一台で作れ、
特にベースは相当に近いものが作れたので、
一人で自室で小躍りしていた次第です。
そんなこともあり、今回はこの曲を紹介したのですが、
いわゆる「ダンスクラシック」の部類に入る有名曲です。
ご存じない方は、ぜひ聴いてみてください。

3S Report No.1

3S活動 / 2018年03月16日

東馬では各部署チームに別れて3S改善活動を行っています。
今回は企画部「inu」の改善活動についてのレポートです。

企画室には長年使っていたような使われていなかったような掲示エリアがありました。
掲示物は部屋に分散して貼られていたのにもかかわらず、
掲示エリアに貼ってあったのは2枚だけ。。。

そこで、今回、掲示エリアを壁一面に拡大し
コルクボードを設置し、企画室内に分散していた掲示物を集約しました。
このことで、使用頻度の少なかった掲示エリアをフル活用するとともに
分散していた掲示物を一気に見ることができるようになりました。

清々しい朝の中で

3S活動 / 2018年03月03日

こんにちは
今日から少しずつ東馬で行っている3S活動についてのレポートを行っていきます。

東馬では毎週末に社屋の外周の清掃や窓拭きなどを行っており、
本日は配送センターの清掃を行いました。
駐車場の掃き掃除の他に
ターミナルとゴム性のクッション材との間のゴミ取りを行いました。
取ってもの取ってもの出てきて、一時は綺麗になったものの
またすぐにゴミが溜まってしまうので、
何か改善策が必要かもしれません。

今朝は清々しい朝晴れの中
普段とは違う出社場所ということもあり
少し特別な感覚と清掃時間になったと思います。

 

 

また、東馬では年に4回「3SKAIZEN新聞」を発行しています。
各3Sチームが取り組んでいる活動の報告・アピール
そして記録として残すため
9月・12月・3月・6月に発行を行っています。

段々と3月の発行が近づいてきました。
3月号の前まずは、12月号をお見せします。


3S活動についてはこちらからご覧いただけます。

春一番

スタッフのつぶやき / 2018年03月02日

こんにちは。

「春一番」に酸っぱい思い出がある、
事務所スタッフ・加藤です。

先日、日本各地で「春一番」が吹き荒れ、
夜中に、ものすごい風が家の窓を揺らしましたが、
「春一番」と聞くと、
アントニオ猪野の物まね芸人さん(故人)を
思い出すのとは別に、
私にもほろ苦い、というか、酸っぱい思い出があります。

もう10年くらいになるでしょうか。

当時の職場の同僚と一緒に、
神奈川県・小田原から、船でキス釣りに出かけた時の話です。

初めて船釣りをする2名と私の計3名で出船したのですが、
高めの波ではありましたが、かといって時化というまでには至らない揺れであったため、
船長は予定通り操船し、
私は、まあ、きついながらも耐え得る揺れであったので、
釣りを続けていたのですが、
ふと振り向いてみると、初乗船の2名はリバースしまくりの大惨事。
「これで続けたら、この人たち死んじゃう」と思い、
船長に帰港をお願いし、出港から3~4時間ほどで陸に上がりました。
その時の高波の原因が、
「春一番」であったことを翌日の新聞で知ったのですが、
時すでに遅し。後の祭り。
二度とその二人は一緒に船に乗ってはくれませんでした。

今でも「春一番」のニュースを聞くと、
猪木の物まね芸人(故人)の「元気ですかぁーーー!!」の声と同時に、
船に揺られてリバースした、
同僚2名の、洗面器に顔をうずめてリバースしてる悲惨な姿が目に浮かびます。

それでは今日の一曲。

以前、弊社ショールームに飾られたアートフレームと
ジャケット写真が雰囲気が似ていたことから、
デュラン・デュランの「Ordinary World」を紹介しましたが、
今回もそのパターンです。
Visage(ヴィサージ)、1980年のヒットシングルで、
「Fade To Grey」。

グループ名は、
「ヴィジュアル(Visual)、ビザ(Visa)、
AGEの三つの言葉をかけあわせたもの」と言われているようですが、
フランス語にも「容姿」という意味で同じ言葉があり、
そっちが由来だとばっかり思っていました。
中心人物のスティーブ・ストレンジは、
ドレスを着て、真っ白な化粧(いわば女装)をしており、
ニューロマンティックの元祖と言われているバンドで、
メンバーに、後にウルトラヴォックスに加入する
ミッジ・ユーロが参加していたことからも、
「さもありなん」といった印象です。

曲は、「これぞニューロマ!」と言わんばかりの
典型的な耽美色が漂う作品です。
シンセやリズムの音色など、私の大好物の音が凝縮されており、
今でも時折聴きたくなります。
バンドとしてのヒット曲は、
これが唯一といっても過言ではなく、
相次ぐメンバーの脱退・加入の中で、
スティーブ・ストレンジは、
一時は深刻なヘロイン中毒に陥りながらも、
活動継続を模索していたようですが
2015年に、心臓発作が原因で亡くなっていたようです。
私はこのニュースを知らず、文章を書く際に捜していた資料でこれを見て、
驚いてしましました。

このバンドと曲に影響を受けたミュージシャンは数多く、
ボーイ・ジョージやピート・バーンズ(故人)、
日本国内で言えば、元SOFT BALLETの森岡賢(故人)、
元MALICE MIZERのKoziなど、
誰を見ても、色々な意味で「納得」の顔ぶれです。

これまで色々な曲を紹介する中で、
基本的には、自分が好んで聴く曲を紹介しており、
もちろん、どの曲も好きなんですが、
一番コアな趣味を押し出した選曲って、割と少なかったりします。
で、今回のこの曲は、結構コアな趣味の選曲です。
「耽美的な質感」だとか、「アナログシンセのプリミティブな音が好きだ」、
という方には、大好物の曲だと思います。
(でも、こういう視点で聴く方は、多分この曲知ってると思うのですが)、
ぜひ一度、聴いてみてください。

尖った同級生

スタッフのつぶやき / 2018年02月22日

こんにちは。

今日も一生懸命生きています、
事務所スタッフ・加藤です。

別に病んでいません。

今、相方がWEBの勉強をほぼ独学で行っており、
先週の日曜日も、Word Pressの講義を受けに行っておりました。

頑張り屋さんでしょ?

で、色々なHPを参照しながら復習していた折に、
私が書いてるブログを見つけたようで、
中を見て、軽いため息とともに一言。
「ま、好きに書けば?」

怖すぎです。

でも、負けずに頑張って書きます。

それでは今日の一曲。

オーストリアのミュージシャンで、
ファルコ、1985年の大ヒット曲、
「Rock Me Amadeus」。

1985年の映画「アマデウス」のヒットを受けて発表されたもので、
映画とは直接は何も関係ないのを知ったのは、後年のことでした。
歌っているファルコは、元々はオーストリアのミュージシャンで、
この曲以外は目立った世界的なヒットはないのですが、
母国においては、出したアルバムはすべてチャート1位だったそうです。
しかし、1998年、自動車事故で40歳の若さで亡くなっており、
この時の検死において、高濃度のアルコールとコカインが検出されたそうです。

そんな彼のキャリアにおいて、
この「Rock Me Amadeus」は異例ともいえる大ヒットを記録し、
母国は勿論、ヨーロッパ全土、
ひいてはアメリカでも1位を記録しています。
ドイツ語と英語を織り交ぜた独自のラップに、
モーツァルトを茶化した痛快さがウケた要因と言われています。
個人的には、当時最先端のサンプリングサウンドとその質感が
私には新鮮に感じたものです。
今聴き直すと、
恐らくフェアライトCMIか、
E-muの「イミュレーター2」といった、
12ビットのサンプラーを駆使したドラムの音とボイスサンプル、
それらの音による独特な質感のヒップホップのリズムパターンに、
デジタル/アナログの端境期である当時の、
特徴的なシンセサウンドがうまく絡み、
「これは、当時は斬新に聴こえたであろうな」と思われます。

この曲、私にとってものすごく印象に残っているのが、
小学校5年生の頃、給食の時間の「お昼の放送」で、
この曲をリクエストした同級生がいました。
給食の時間に流れてきたこの曲を聴いて、
「なんだこれ!?」と脳裏に刻まれたわけですが、
当時私の周りには、小学生にもかかわらず、
こういった尖った趣味の小学生が何人かおり、
その彼らに感化されたおかげで、
Dead Or Aliveやペット・ショップ・ボーイズ、
デュラン・デュランやティアーズ・フォー・フィオアーズなど、
小学生が聴くには背伸び気味の趣味嗜好が身につきました。
今、子供と同世代の小学生を見ていても、
その何人かは、音楽趣味が本当に尖っていたと思います。
今聴いても、曲自体は面白い曲だと思います。
ご存知ない方は、ぜひ一度、聴いてみてください。

TOPへ TOPへ