STAFF BLOG

春一番

スタッフのつぶやき / 2018年03月02日

こんにちは。

「春一番」に酸っぱい思い出がある、
事務所スタッフ・加藤です。

先日、日本各地で「春一番」が吹き荒れ、
夜中に、ものすごい風が家の窓を揺らしましたが、
「春一番」と聞くと、
アントニオ猪野の物まね芸人さん(故人)を
思い出すのとは別に、
私にもほろ苦い、というか、酸っぱい思い出があります。

もう10年くらいになるでしょうか。

当時の職場の同僚と一緒に、
神奈川県・小田原から、船でキス釣りに出かけた時の話です。

初めて船釣りをする2名と私の計3名で出船したのですが、
高めの波ではありましたが、かといって時化というまでには至らない揺れであったため、
船長は予定通り操船し、
私は、まあ、きついながらも耐え得る揺れであったので、
釣りを続けていたのですが、
ふと振り向いてみると、初乗船の2名はリバースしまくりの大惨事。
「これで続けたら、この人たち死んじゃう」と思い、
船長に帰港をお願いし、出港から3~4時間ほどで陸に上がりました。
その時の高波の原因が、
「春一番」であったことを翌日の新聞で知ったのですが、
時すでに遅し。後の祭り。
二度とその二人は一緒に船に乗ってはくれませんでした。

今でも「春一番」のニュースを聞くと、
猪木の物まね芸人(故人)の「元気ですかぁーーー!!」の声と同時に、
船に揺られてリバースした、
同僚2名の、洗面器に顔をうずめてリバースしてる悲惨な姿が目に浮かびます。

それでは今日の一曲。

以前、弊社ショールームに飾られたアートフレームと
ジャケット写真が雰囲気が似ていたことから、
デュラン・デュランの「Ordinary World」を紹介しましたが、
今回もそのパターンです。
Visage(ヴィサージ)、1980年のヒットシングルで、
「Fade To Grey」。

グループ名は、
「ヴィジュアル(Visual)、ビザ(Visa)、
AGEの三つの言葉をかけあわせたもの」と言われているようですが、
フランス語にも「容姿」という意味で同じ言葉があり、
そっちが由来だとばっかり思っていました。
中心人物のスティーブ・ストレンジは、
ドレスを着て、真っ白な化粧(いわば女装)をしており、
ニューロマンティックの元祖と言われているバンドで、
メンバーに、後にウルトラヴォックスに加入する
ミッジ・ユーロが参加していたことからも、
「さもありなん」といった印象です。

曲は、「これぞニューロマ!」と言わんばかりの
典型的な耽美色が漂う作品です。
シンセやリズムの音色など、私の大好物の音が凝縮されており、
今でも時折聴きたくなります。
バンドとしてのヒット曲は、
これが唯一といっても過言ではなく、
相次ぐメンバーの脱退・加入の中で、
スティーブ・ストレンジは、
一時は深刻なヘロイン中毒に陥りながらも、
活動継続を模索していたようですが
2015年に、心臓発作が原因で亡くなっていたようです。
私はこのニュースを知らず、文章を書く際に捜していた資料でこれを見て、
驚いてしましました。

このバンドと曲に影響を受けたミュージシャンは数多く、
ボーイ・ジョージやピート・バーンズ(故人)、
日本国内で言えば、元SOFT BALLETの森岡賢(故人)、
元MALICE MIZERのKoziなど、
誰を見ても、色々な意味で「納得」の顔ぶれです。

これまで色々な曲を紹介する中で、
基本的には、自分が好んで聴く曲を紹介しており、
もちろん、どの曲も好きなんですが、
一番コアな趣味を押し出した選曲って、割と少なかったりします。
で、今回のこの曲は、結構コアな趣味の選曲です。
「耽美的な質感」だとか、「アナログシンセのプリミティブな音が好きだ」、
という方には、大好物の曲だと思います。
(でも、こういう視点で聴く方は、多分この曲知ってると思うのですが)、
ぜひ一度、聴いてみてください。

尖った同級生

スタッフのつぶやき / 2018年02月22日

こんにちは。

今日も一生懸命生きています、
事務所スタッフ・加藤です。

別に病んでいません。

今、相方がWEBの勉強をほぼ独学で行っており、
先週の日曜日も、Word Pressの講義を受けに行っておりました。

頑張り屋さんでしょ?

で、色々なHPを参照しながら復習していた折に、
私が書いてるブログを見つけたようで、
中を見て、軽いため息とともに一言。
「ま、好きに書けば?」

怖すぎです。

でも、負けずに頑張って書きます。

それでは今日の一曲。

オーストリアのミュージシャンで、
ファルコ、1985年の大ヒット曲、
「Rock Me Amadeus」。

1985年の映画「アマデウス」のヒットを受けて発表されたもので、
映画とは直接は何も関係ないのを知ったのは、後年のことでした。
歌っているファルコは、元々はオーストリアのミュージシャンで、
この曲以外は目立った世界的なヒットはないのですが、
母国においては、出したアルバムはすべてチャート1位だったそうです。
しかし、1998年、自動車事故で40歳の若さで亡くなっており、
この時の検死において、高濃度のアルコールとコカインが検出されたそうです。

そんな彼のキャリアにおいて、
この「Rock Me Amadeus」は異例ともいえる大ヒットを記録し、
母国は勿論、ヨーロッパ全土、
ひいてはアメリカでも1位を記録しています。
ドイツ語と英語を織り交ぜた独自のラップに、
モーツァルトを茶化した痛快さがウケた要因と言われています。
個人的には、当時最先端のサンプリングサウンドとその質感が
私には新鮮に感じたものです。
今聴き直すと、
恐らくフェアライトCMIか、
E-muの「イミュレーター2」といった、
12ビットのサンプラーを駆使したドラムの音とボイスサンプル、
それらの音による独特な質感のヒップホップのリズムパターンに、
デジタル/アナログの端境期である当時の、
特徴的なシンセサウンドがうまく絡み、
「これは、当時は斬新に聴こえたであろうな」と思われます。

この曲、私にとってものすごく印象に残っているのが、
小学校5年生の頃、給食の時間の「お昼の放送」で、
この曲をリクエストした同級生がいました。
給食の時間に流れてきたこの曲を聴いて、
「なんだこれ!?」と脳裏に刻まれたわけですが、
当時私の周りには、小学生にもかかわらず、
こういった尖った趣味の小学生が何人かおり、
その彼らに感化されたおかげで、
Dead Or Aliveやペット・ショップ・ボーイズ、
デュラン・デュランやティアーズ・フォー・フィオアーズなど、
小学生が聴くには背伸び気味の趣味嗜好が身につきました。
今、子供と同世代の小学生を見ていても、
その何人かは、音楽趣味が本当に尖っていたと思います。
今聴いても、曲自体は面白い曲だと思います。
ご存知ない方は、ぜひ一度、聴いてみてください。

最初が肝心

スタッフのつぶやき / 2018年02月17日

こんにちわ。

いい歳して「もう大人です」とアピールする、
大人になりきれない43歳、
事務所スタッフ・加藤です。

そう、43歳、大人なんです。

大人なんですが、
ムスメちゃん(9歳)お友達は、私を大人とは思ってません。
同等のお友達と思っているフシがあります。

地元の保育園から小学校に上がっている分、
昔から私のことを知っている子供が近所に多いこともあるのですが、
どうも保育園時代にフザけて遊んでいたイメージがいまだにあるのか、
・後ろからケリを入れてくる
・スキあらばおちょくろうとして来る
・坐っていると後ろから叩いておいてしらばっくれる
などなど、およそ大人にするとは思えない所業を、未だにしてきます。
そのたびに、「いい大人に何を!」とムッとするのですが、
「何か面白いことしてくれるんでしょ?」という眼差しを向けられると、
ついついノッてしまうのでした。
保育園時代に、「このオジサンはイジッちゃだめだぞ」
というイメージを植え付けておけば、こんなことにならなかったのでしょうが、
しかし時すでに遅し。
やり直しは利きません。

以上、最初のイメージ作りが肝心、というお話しでした。

それでは今日の一曲。

Netflixでオンエアされました、
「デビルマン Cry Baby」のオリジナルサウンドトラックより、
「Devilman No Uta]。

言わずと知れたデビルマンの「あの」主題歌を、
牛尾憲祐がリアレンジし、「女王蜂」のアヴちゃんがボーカルをとり、
見事に現代的な、ヘタしたらクラブで盛り上がれちゃう、
最高のトラックに仕上げています。

原曲は2コーラス歌い上げたところで終わるのですが、
このトラックは2コーラス目が終わった後、
もう一度1コーラス目が始まるのですが、
そこに至るまでの間における、オリジナルの間奏が非常にカッコいいです。
迫力ある余通知キックに絡む、テクノ感満載のベースラインに対して、
2小節ごとに入るハンドクラップがポップな雰囲気を演出、
そしてそこに絡むアヴちゃんのコーラス。
ホントに良くできたトラックだと思います。
「言ってもアニソンでしょ?」と斜に構えずに、
一度聴いてみてください。
私はカッコいと思いますよ。

やばいはやくかえらないとかりおすとろがはじまっちゃう

スタッフのつぶやき / 2018年01月19日

こんにちは。

精神年齢がちっとも実年齢に追いつかない、
事務所スタッフ・加藤です。

今日は1月19日、金曜日。

そう、「金曜ロードショー」の日です。

そして今日は、果たして放送何回目になるんでしょう、
「ルパン三世 カリオストロの城」が放送されます。

この作品、今日の放送で、オンエア16回目らしいです。
1979年の劇場初公開ですから、
39年前の作品です。
初めて観たのは、恐らく1984~85年頃。
私が小学校4年か5年の頃です。
当時親が買ったビデオデッキで録画して、
もう何度も何度も観ました。
100回で済まない位は観てると思います。
そして今でも、DVD持ってるにも関わらず、
オンエアされると観てしまいます。

スピルバーグはこの映画を見て、当時、
「史上最高の冒険活劇の1つ」、
特に冒頭のカーチェイスを「映画史上最も完璧なカーチェイス」と評したという噂もあり、
当時の主役である山田康夫さんも、
「こういうのを映画と言うんだ」
「とにかく決定的に面白い。オープニングも話の展開も信じられないくらいだ。
構成といい、絵といい、とても質の高いもので、こんなの見たこと無い。
各所でギャグがちりばめられており、じつに楽しい」と、
最大級の賛辞を送っており、これには私も激しく同意します。
私も一番好きな映画は、と言われたら、この「カリオストロの城」を挙げます。
子供時代の刷り込みとは恐ろしいものです。

というわけで、今日は早く帰ってテレビで観なければ。

それでは今日の一曲。
というか、2曲紹介します。
まずは、主題歌である、
「炎のたからもの」、
もう一つは、劇中前半のヤマ場で使われた、
「サンバ・テンペラード」。

当時のアニメ全般に言えることですが、
名作と言われるものほど、
職業作曲家がキチンと劇伴を作っているため、
非常に音楽のレベルが高いです。
その中でも、ルパン三世の音楽は突出してカッコよく、
当時小学生の自分にも、極めて強く印象に残っています。
「カリオストロの城」でも例外ではなく、
劇中の音楽がもう秀逸で、特にこの2曲は脳裏に焼き付いています。
「サンバ・テンペラード」については、
幾つかライブのバージョンも散見され、それはそれでよかったのですが、
原曲のイントロでは、フルートによるメインのフレーズが始まる前の
シンセリードで、(恐らく)「Arp Odyssey」というシンセサイザーが使われており、
このフレーズと音色が入っていないと締まらない、という思いから、
原曲を紹介しています。
ちなみに、上記に紹介した「Arp Odyssey」というシンセは、
テレビ版のメインテーマにおいて、
メインフレーズを奏でるシンセでもあります。
当時のファンクやジャズ、ディスコミュージックでも多用された名機で、
この音が鳴っていないと寂しいので、そこはこだわった次第です。

あ、もうこんな時間!!

はやくかえんなきゃ!!!

アケマシテオメデトウゴザイマス

スタッフのつぶやき / 2018年01月13日

こんにちは。

65歳の義父に腕相撲で負けた、
事務所スタッフ・加藤(43)です。

ちなみに同い年の義兄には、
6秒くらいで負けました。
しかも義兄は「指3本」というハンデ付です。
子供たちの尊敬の眼差しが、
全て義父と義兄に奪われました。

そんな正月を過ごしたわけですが、
皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか?

子供もボチボチ大きくなり、
多少放置しても勝手に遊ぶようになってきたので、
「元旦は寝正月だ!」と思って、
少しお酒を飲んでコタツでウトウトしていたら、
妻から一言、「寝るな」と。

おいちょっとまて。

雪山で遭難したわけでもあるまいし、
なぜ私にはウトウトまどろむことも許されないのでしょうか。
「別によくね?」と言いたい気持ちを抑えて、
お正月を迎えた次第です。

今年も残すところあと342日。
がんばっていきます。

それでは今日の一曲。

ブログを読んでくださっている取引先様より、
「ロックンロールっぽいのを」とご要望いただき、
私なりに選んでみました。

エルビス・プレスリー、1968年のシングル、
「A Little Less Conversation (JXL Remix)」
(邦題:おしゃべりはやめて)。

この曲自体のオリジナルは1968年にリリースされたものですが、
今回紹介するバージョンは、
当時の別テイクを元にJunkie XLがリミックスを施し、
2002年にリリースしたもので、世界中でヒットしました。

正直なところ、エルビス・プレスリーについては
殆ど知識がなく、メジャーな曲を2,3曲知ってる程度です。
むしろ、個人的にはJunkie XLの方に興味が向いている次第です。

このJunkie XLという人、
もともとはファットボーイ・スリムなどのような
「ビッグ・ビート」のジャンルを代表するミュージシャンなのですが、
自身の作品は勿論、多数のリミックスと並行して、
今では「バットマン」や「スパイダーマン」など、
映画のサントラも手掛ける、結構ビッグなミュージシャンだったりします。

世界中でヒットしただけに、
日本でも最近CMで使われたりして、
一般的にも馴染みが深いこの曲ですが、
私自身も、この曲には少し思い入れがあります。

2002年8月に、ワーキングホリデーで
カナダ・バンクーバーに住み始めた当初、
殆ど英語が判らなかったため、
観るテレビは、
日本のアニメが英語で放送されていた「Kartoon Network」か、
北米の音楽専門チャンネル、「Much More Music」でした。
そしてその当時、上記の音楽チャンネルをつけると、
かなりの頻度で、この曲が流れていました。
気分がアガる曲なので、
部屋で一人の時でも明るい気分にさせてくれ、
この曲に助けられたと言っても、言い過ぎではないかもしれません。

今から16年前のリリースですが、今でも充分通じるカッコよさです。
ぜひ一度、聴いてみてください。

TOPへ TOPへ