会社案内

商品ができるまで / PRODUCT DEVELOPMENT PROCESS

商品ができるまで
PRODUCT DEVELOPMENT PROCESS

企画から自社工場での生産まで、国内製の家具が出来るまでの流れをご紹介します。

担当部門

…企画室

…試作室

…製造部

…配送

 

01

企画

デザイン案・イラスト案
テイストや流行など加味して打ち合わせを重ねる。

企画

02

図面・仕様書

企画室で図面基準に沿って図面・仕様書を作成。
資材の手配。

図面・仕様書

03

試作依頼

試作室へ構造、スケジュール等を打ち合わせ後、作成依頼
 

試作依頼

04

試作完成

図面と照らし合わせ、チェック。
問題がないか確認。

試作完成

05

商品化決定

営業担当、お客様のチェック、仕上がり確認。
OKが出たら商品化決定!

商品化決定

06

製造部と打ち合わせ

試作室を見ながら、工場で製造工程の打ち合わせ、確認。
 

製造部と打ち合わせ

07

初回生産(工場)へ

 

初回生産(工場)へ

08

資材入荷

工場へ納品時、全ての資材をチェック。

資材入荷

09

切断加工

材料をそれぞれのサイズに切断。
 

切断加工

10

フラッシュ工程

家具本体の基本となるフラッシュボード。
芯材と表面材を貼り合わせ、プレスします。

フラッシュ工程

11

縦横切断加工

サイザー工程。フラッシュした板を家具の寸法に合わせてカットします。

縦横切断加工

12

小口貼り加工

カット後、小口にテープ加工。
 

小口貼り加工

13

ボーリング

棚板などに必要なダボ穴を正確に空けます。溝加工も同時に行います。

ボーリング

14

組立

必要なパーツを全て検品後、組立て。
家具らしい形が見えてきます。

組立

15

最終拭き上げ・梱包

1台ずつ全体をチェックをしながら最終拭き上げ。
配送時キズがつかないよう、丁寧に梱包します。

最終拭き上げ・梱包

16

倉庫へ

あとは出荷を待つのみ!
 

倉庫へ

 

完成

CCROOM

工場内のCC-ROOM(休憩室)!!

 

COMPANY

会社案内

TOPへ TOPへ