STAFF BLOG

東馬では、「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」の活動に参加します。

CSR,未分類 / 2018年11月05日

CSR活動 / CSR PROJECT

CSR活動
CSR PROJECT

東馬では、CSR活動の一環として「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」の活動に参加します。

CSRとは……企業が社会に対して責任を果たし、社会と共に発展していくための活動の事です。

 

子どもワクチン支援

CSR活動

CSR活動

ペットボトルのキャップを回収し、リサイクル資源として売られた売却益を寄付することで、そのお金で世界の多くの子供達にワクチンが送られます。
東馬では、ゴミ箱やペットボトル回収箱に『キャップ回収BOX』を設置し、ペットボトルの回収を行なっています。

『子どもワクチン支援』とは…

ワクチンがあれば,1日4,000人の子供達が助かることを知っていますか。

copyright JCV

 

わずか20円で助かる命

世界では、1日4,000人(時間にして20秒に1人)の赤ちゃんや子どもがワクチンがないために命を落としています。
「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」では、こうした子どもたちにワクチンを届け未来を守る活動「子どもワクチン支援」を行なっています。

 

近年定期的な予防接種活動が各地に広がり、安価にワクチンを購入できる環境が世界で整ったことで、感染症で命を落とす数は半減しました。しかし、子どもの命を脅かす感染症は、いまだに開発途上国の大きな脅威となり、ワクチンさえあれば助かる小さな命が1日4,000人も失われているのです。子どもたちの命を救うワクチンはとても安価で、例えば、ポリオワクチンはわずか20円買うことができます。

子どもワクチン支援

copyright JCV

キャップ1個から始める大きな支援

ペットボトルキャップを集めて世界の子ども達にワクチンを送る「子どもワクチン支援」を行います。
回収されたキャップは粉砕処理され、家電製品などを作るためのリサイクル素材になります。そのため。キャップはキロ単位で売却することができ、その売却益をJCVに寄付することができます。普段捨ててしまうキャップでも、約2キロ(約860個)でポリオワクチン1人分相当の20円になります。

子どもワクチン支援

copyright JCV

「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」の支援内容については下記のURLからご覧いただけます。
https://www.jcv-jp.org

千代田中学校の生徒さんがいらっしゃいました!

CSR,未分類 / 2018年10月05日

千代田中学校の生徒さんが見学にいらっしゃいました!

楽しんでいただけたようで何よりです!

勉強とかテストとか毎日大変だと思いますが、やりたいこと・なりたいもののために頑張って欲しいです。

家具関係の仕事いかがですか?笑 興味を持っていただけたらうれしいです!

また遊びにきてください!!

 

 

 

 

 

 

 

『企業紹介の動画』撮影レポート!

未分類 / 2017年11月28日

11月も残すところ数日となりいよいよ年末が迫って参りました。

ぽかぽか暖かい日中に比べ冷え込む朝夕、

寒暖差で風邪をひきやすい気候ですが皆様どうお過ごしでしょうか?

 

先週11月22日(木)に、『企業紹介の動画』の撮影が行われました。

今回の撮影は東馬の企業としての技術力や働く人の思いなど、

企業としての魅力を皆さんへご紹介させていただく企業案内動画を作成する為のものでした。

 

当日は緊張感もある中、撮影クルーのスムーズに撮影は進行…

取材を受けたスタッフや撮影クルーの皆さんお疲れ様でした!

近日公開予定ですので決まり次第こちらのHPでもご紹介致します。

ぜひぜひお楽しみに!!

燃え尽きたよ…春なのに…(ちょっとアンニュイ)

未分類 / 2017年04月15日

こんにちは。

朝、出勤の時に晴れている中、
車で行こうとした私への、
奥さんの「自転車使いなよぉ」の声を振り切り
クルマで出社したら、退社する頃にが降ってきて、
「ほ~~らみろ!!」と小声でつぶやいた、
事務所スタッフ・加藤です。

↑ こういうことを面と向かって奥さんに言えない、
ちっさい男なんです。

それはそうと、
すっかり春めいてきました、
と思ったらいつの間にかしっかり春です。
桜も咲いてます。
と思ったらもう葉桜になり始めています。
この雨で尚更です。

そして私は、少々燃え尽き症候群。
なぜか。
毎週楽しみに観ていた、
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」が、
4/2(日)で終わってしまったからです。
毎週日曜が楽しみだったのに…。
夕方5時が待ち遠しかったのに…。
ガンダムバルバトス、かっこよかったのに…。

そんなセンチな気分に浸る、たそがれ時。
皆様、よい週末を。

それでは今日の一曲。

ステキな曲を一曲。
スザンヌ・ヴェガ、1987年発表のアルバム、
「Solitude standing」より、
「Tom’s Diner」。

アルバムの一曲目を飾るこの曲は、
2分少々の収録時間ながら、
結果的にこのアルバムを代表するトラックとなっているわけですが、
情景描写に徹底した歌詞を、
アカペラで呟くように歌い綴っており、
これだけで充分、曲として成り立っている点が、
名曲たるゆえんだと思います。

曲自体の解説は、このサイトにとても詳しく掲載されていますが、
(http://listn.me/20150702/4580/)
こちらにも書いてある通り、アカペラであるが故なのか、
多くのミュージシャンにカバー、もしくはサンプリングされています。
興味が出て、色々なカバーバージョンを聴きましたが、
原曲がアカペラとして完全に成立しているため、
残念ながら、どのカバーも原曲の良さを損ねているように感じ、
この曲のシンプルゆえの完成度の高さには、脱帽するばかりです。

しかし、ジョルジオ・モロダーが
2015年に発表したアルバム「Deja-Vu」において、
ブリトニー・スピアーズをボーカルに迎えてカバーしたバージョンは、
メロディーの良さと独白めいた情景描写の余韻を踏まえつつ、
トレンドを踏まえた音色で今風のアレンジが施されており、
個人的にはこれが一番カッコいいカバーだと思います。
ポップアイコン・ブリトニー、そして、
稀代の名プロデューサー、ジョルジオ・モロダーの健在ぶりを示す、
面目躍如の出来だと思います。

今日は、そんな白眉のオリジナルと、
ジョルジオ・モロダーのカバー両方を紹介します。
あまりに雰囲気タップリなスキャット
(トゥットゥットゥ~ル、トゥットゥトゥ~ル、と歌っているところ)が、
耳に残ること請け合いです。

<スザンヌ・ヴェガのオリジナルバージョン>

<ジョルジオ・モロダー カバーバージョン>

スッキリ!

未分類 / 2016年11月19日

こんにちわ。

タイトルとは正反対の生活を日々送っている、
事務所スタッフ・加藤です。

みなさん、11/18(金)の、
日テレ「スッキリ!」はご覧になりましたでしょうか?

観たという方は、「そんな時間に何してるんですか?」と
別の疑問が生じます。

私は、録画しておいて帰宅してから観ました。
「なんでまた?」と思った方、それは、至極真っ当な反応です。

なぜそんなものを録画したかというと、
「METAFIVE」がゲスト出演し、
しかも生歌披露したからです。

「METAFIVE」とは、
ミュージシャン・高橋幸宏の号令の下、結集した一流メンバー達による
かなり夢のようなバンドで、
「スッキリ!」でも似たような語り口で紹介をしていましたが、
「果たしてどれだけの視聴者に伝わっているのか」、
甚だ疑問です。

幸宏さん本人もテレビで言ってましたが、
「まさかこんな朝早くに」という意表をついた上での、
出演番組のチョイスであったようですが、
こういう「おちょくりセンス」はYMOの頃と何ら変わってないことに、
少し口元が緩みました。
また、そういうセンスに心酔して音楽を始めたであろうミュージシャンが
メンバーであるわけですから、
若干悪ノリなトークの後のマジな演奏が物凄くカッコよく、
「朝からこんなカッコいいことやって、なんてカッコいい人たちだろう」と、
カッコいいと思う反面、笑えてきてしまいました。
演奏後の、司会・近藤春菜の反応から、
この人たちについて、
おそらく今までロクに知らなかったであろう様子がうかがえ、
彼女の「カッコいい!」という言葉は、
素直な感想であったことが推察されたのも、微笑ましい限りです。

11/9(水)に発売されたミニアルバム、「METAHALF」も、
1月に発表されたフルアルバム「META」同様、
相当に完成度の高い作品です。
51XPwCdYMgL__SX355_

おススメですので、聴いてみてください。
私は発売当日に購入しました。
人として基本です。

それでは今日の一曲。
METAFIVEの新作・「METAHALF」より、
「Musical Chairs」。

アルバムのリード・トラックとして、
砂原良徳がベースのデータを作成したものです。
理屈抜きにカッコいい曲である上に、
PVがまたカッコいい仕上がりになっています。
こういう所は、メンバーであるテイ・トウワのセンスが
いかんなく発揮されていると思います。
熟練のプロでなければ作れない、
クオリティの高い楽曲です。
ぜひ一度聴いてみてください。

TOPへ TOPへ