STAFF BLOG

冬は切なく

スタッフのつぶやき / 2017年12月02日

こんにちは。

若手女性陣にもきっちり怒られている、
事務所スタッフ・加藤です。

世間では12月に入り、すっかり冬めいてきました。
これから冷たい風が吹きすさび、
襟元から寒気が入り込むというのに、
うちの相方は「自転車で(会社に)行け」と、
「自転車代がもったいないじゃないか」とけしかけます。
こういうのも、巷で騒がれている
「かわいがり」にあたるんじゃないかと、
常々感じているのですが、いかがでしょうか。

さて、前回のブログで「釣りに行く」と書き、
次回は「釣果報告です」と書いていましたが、
大シケ予報が出たため、船長判断で中止になってしまいました。
そのため、釣り自体が延期になり、
釣果報告は次回に持ち越しとなります。
次回、何にも釣りに触れてなければ、
「ああ、釣れなかったんだ」と悟ってやってください。

それでは今日の一曲。

今日から3回にわたって、この時期ならではの宴会向けの曲を紹介していきます。

まずは一曲目。

40代前半の世代にとって、
この曲は宴会の心構えの代名詞と言ってもいいと思います。
とんねるず、1984年12月発売のこの曲です。
「一気」。

とんねるずについては説明不要であると思うので、
この「一気」という曲に焦点を当てていきますが、
この曲、何がすごいって、
作詞:秋本康/作曲:見岳章です。
そう、美空ひばりの「川の流れのように」を作ったコンビです。

この「秋本康・見岳章」のコンビは、
「一気」の後も、「雨の西麻布」、
おニャン子クラブの「恋はくえすちょん」(アニメ「あんみつ姫」主題歌)、
城ノ内早苗の「あじさい橋」など、
とんねるず/おニャン子関連でのリリースが続くわけですが、
この作曲家の見岳章さんは、
もともとは一風堂のメンバーで、
土屋正巳とともに活動していました。

この「一気」という曲自体は、
今これをリリースしようものなら、
世間で大バッシングを受けること請け合いの、
「一気飲みを助長する」典型の曲です。
決してうちの会社が飲み会で一気を助長することはないのですが、
多分、40代以上の世代には、
この曲で謳われている「飲み会の心構え」のようなものは、
結構強く根付いていると思います。
しかし、当の作家陣の二人も、この曲を作った5年後に、
あんなに壮大で美しい「川の流れの様に」という名曲を書くとは、
当の本人たちも、全く想像していなかったと思います。

この曲には、いくつかバージョン違いがあるようですが、
正直、どれが正規のバージョンかは聴いてもよくわかりません。
しかし、久々に聴いてみると、
当時のとんねるずのパワーは、ひしひしと伝わってきます。
考えてみれば、この曲の発表当時、私は小学4年生でしたが、
初めてこれをテレビで観た時に、「なんだこれは!?」と、
ものすごいインパクトを覚えました。
この曲は、レコーディングされたものではなく、
テレビ出演時の映像の方が圧倒的に面白く、
そして、とんねるずと言えば「オールナイトフジ」ということで、
こちらの画像を紹介します。
デビュー当時の荒削りなパワーを、お楽しみください。

お金の使い道

スタッフのつぶやき / 2017年11月15日

こんにちは。

小銭が大好き、事務所スタッフ・加藤です。

大きなお金はありませんが、
小さなお金もありません。

なんかさみしくなってきました。

なぜ今日はお金の話かというと、
ここ最近、一生懸命ためたお金で、
年末ごろにシンセサイザーでも買おうかと思っていたところに、
「加藤さん、釣り行きましょう!!」と、僕の心を揺るがす「お声かけ」が。

ここで私が鋼の心を持っていたのなら、「いや、今回は」と言えたのでしょうが、
そこは自制心も自律神経もユルユルな私のこと、
「いいですね!!」

さあ困った。

竿がいる。リールがいる。糸がいる。船代がいる。
=金がいる=金が減る=シンセが買えない。
でも釣りも行きたい。

どうすればいいんだあああああああ!!!!!

多分、今月末ごろには、ガチでスッテンテンになってると思います。

社内で消え入りそうな声で
「ギブミーマネー」とつぶやいてると思います。

そんな私でも、許してください。

そして次回は、十中八九、釣果報告です。
(結局行くんかい)

それでは今日の一曲。
BOYZ Ⅱ MENのデビュー曲、
「Motownphilly (Remix – Radio Edit) 」。

デビュー当初からヒット街道を突っ走ってきた彼らですが、
個人的には、正直、それほど深く聴いたことはありません。
なぜかというと、大学時代にCDショップでアルバイトしていた際、
1993年リリースの「Christmas Interpretations」、
1994年リリースの「Ⅱ」、
この2作が、あまりにも店内でヘビーローテーションされ、
また、両作の発売からしばらくの間、
レジに並ぶお客さん(今では想像できないと思いますが、
休日のピーク時には、先頭から最後尾まで、30人以上お客さんが並んでいました)
の8~9割がこのアルバムを買っていたことから、
すごくいいアルバムだし、力量も充分なことはよくわかっているのですが、
「お前ら他に聴くものないのか!?」と
内心強く思っていたため、買ってまで聴く気になれませんでした。
その時のトラウマにも近い刷り込みが影響して、
今でも手を出せずじまいです。
(繰り返い言いますが、むちゃくちゃ上手いのもわかっているんですよ。)

今回紹介する「Motownphilly」は、
そんな刷り込みが入る前に、
加えて、このバージョンで聴いたせいもあり(←ここ重要)、
比較的、好印象のままで記憶に残っています。
でも今回紹介しているものはオリジナルバージョンではなく、
オリジナルは、かつては彼らがMCハマーのオープニングアクトをやっていたのも頷けるほどの、
コテコテの’90年代HIP-HOPアレンジです。
そちらのアレンジは、正直、今聴くには古さが感じられ、
聴いてて恥ずかしくなってしまうのですが、
今回紹介するバージョンは、古さは感じつつも、
まだ好印象に受け止められそうな気がします。
その要因は、やはり、今や定番となったハウスアレンジで、
四つ打ちのキックとその音色が、年代の古さを緩和させるのだろうと思います。
デビュー当初からこれだけの力量があれば、
今でも受け入れられるのは当たり前だろうと思います。
ご存じない方は、ぜひ一度聴いてみてください

秋は切なく

スタッフのつぶやき / 2017年10月27日

こんにちは。

ちょっとセンチな40代、
事務所スタッフ・加藤です。

世間はもう秋爛漫。
秋まっさかり。
あき竹城です。

ごめんなさい。

こんなのしか思いつきません。

会社の前の田んぼの稲刈りが終わり、
野っぱら同然になると、こんなにも切なくなるのでしょうか。
来年また鮮やかな緑に彩られる季節が待ち遠しくなります。

そして今年も冬が始まります。

皆様、体調にはくれぐれもお気を付け下さい。

それでは今日の一曲。

そもそも、田舎で聴く曲ではないと思っているのですが、
この時期にピッタリの曲です。

山下達郎、1989年発表のライブアルバム「JOY」より、
「プラスティック・ラブ」。

達朗さんには数多くの名曲があり、どれも好きなのですが、
この「JOY]に収録された「プラスティック・ラブ」は、
名演だと思います。

元々は、竹内まりやのソロアルバム「VARIETY」に収録された曲で、
今回紹介するのは、それをカバーしたものでありますが、
さも自分の歌であるかのように、また、原曲よりもテンポを上げた、
ライブ感満載のアレンジで、私は原曲よりこっちの方が好きです。
竹内まりや本人が歌ったものも、
ライブアルバム「Souvenir〜Mariya Takeuchi Live」に収録されていますが、
アレンジはこの達郎さんバージョンに近いです。
曲の最後で聴かれる達郎さんのアドリブが秀逸で、
原曲のもつ「切なさ」感を、達郎さん流に強調しているのが、
なんともカッコいいのです。

4年ほど前に、達郎さんのライブに行ったのですが、
音にこだわりまくる職人気質の達郎さんらしく、
あんなに聴きやすいライブは経験したことがありません。
細部まで研ぎ澄まされた演奏は、本当に一聴の価値ありです。
「クリスマス・イブ」を生で聴いた時は、鳥肌が立ちました。
そんな達郎さんの、珠玉のライブテイクです。
ぜひ一度、聴いてみてください。

中学校の皆さんが職場体験にこられました!

スタッフのつぶやき / 2017年10月26日

今週から急激に寒くなり、今日は一段と寒さを感じる朝でしたが
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

少し遅くなってしまいましたが、
8月末頃に千代田中学校の皆さんに
職場体験に来て頂いたお話をご紹介させて頂きます。

初めての環境の中で緊張感を感じつつも、
実際に機械や木材に触れて組立・穴あけなどを体験!
お一人お一人がそれぞれの視点からたくさんの発見をされたことが
後日いただいたお手紙やレポートからしっかりと伝わってきました。
ありがとうございました!!

この体験が皆さんが働くことについて考えるきっかけになってくれればと思います。

「漢」とは

スタッフのつぶやき / 2017年10月19日

こんにちは。

またも更新期間が空いてしまった、
事務所スタッフ・加藤です。

前回紹介した「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」も観に行かせてもらえず、
シンセをいじると「子供をほっとくな」と怒られ、
スマホをいじろうもんなら「依存症か!!」とおこられる、
何時もの毎日を過ごしておりますが、
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

会社の周りは稲穂が頭を垂れ始め、
もうすぐ稲刈りが始まるのであろう雰囲気です。
この風景が見え始めると、「秋だな」と思う反面、
稲刈りが終わった後の殺風景さと言ったら、
なかなかのものです。
そうなると今度は、「もう冬か」と、季節の移ろいを感じる次第です。
そんな季節の端境期に、
私は順調に体調を崩して咳喘息真っ最中ですが、
皆様、体調完理には充分気を付けてください。

それでは今日の一曲。

先日、佐賀で催された音楽イベントで、
掟ポルシェが来ていたことと、
一部のスタッフと「北斗の拳カルトクイズ」がプチ流行った際に、
この曲が頭から離れなくなりましたので紹介します。
子供ばんど、1986年の曲で、映画「北斗の拳」のメインテーマです。
「Heart Of Madness」。

いまどきの若年世代で、このバンドの名前を知ってる人は相当少ないでしょうが、
ボーカルは、役者や司会者として有名な、うじきつよしです。
この曲の発表当時は、「北斗の拳」自体が人気絶頂期で、
連載、アニメともにストーリーが佳境に入っていた時期でした。
(アニメでは、シュウが殺され、ケンシロウとサウザーの直接対決が始まった頃でした)
その中で上映された映画版も、テレビアニメの再編集版であったにもかかわらず、
大ヒットを記録したわけですが、主題歌でもあるこの曲が大ヒットし、
その後、アニメ第4部のOPとEDを手掛けていくこととなります。

いまでこそ、アニソンにハードロックテイストを取り入れるのは普通のこととなりましたが、
たぶん、この曲がその最初の例じゃないかと思います。
加えて、劇中で流れる「Purple Eyes」という曲も相当にカッコよく、
後にアニメ版のOPとEDとなる、
「SILENT SURVIVOR」「DRY YOUR TEARS」と併せ、
この4曲は今でも時々聴きたくなります。
アニメの映像と同期させたものがありましたので、こちらを紹介いたしますが、
やっぱり何度聴いても、この曲カッコいいです。
昨今のアニメソングにはない重厚感があります。
最強の「漢」(とかいて「おとこ」と読みます)達が
生き様をぶつける物語を彩るには、最もふさわしい曲だと思います。

TOPへ TOPへ