STAFF BLOG

CAN YOU FEEL IT ?

スタッフのつぶやき / 2018年03月20日

こんにちは。

雨と風にさらされながら、
今日も一生懸命働きます、
事務所スタッフ・加藤です。

と、さも血を吐くほどに働いているかのような書き出しですが、
そこまでではないです。
ですが、3月は繁忙期ということもあり、
事務所一同、出来るだけ早くお客様のご注文に応えようと、
日々一生懸命、労働にいそしんでおります。

そんなスタッフの横顔ショットをパチリ!

と、勝手に写真でも撮ろうものなら、マジでキレられそうなので、
やめときます。

いずれにせよ、みんな毎日頑張っています。
「で、おまえは?」とは言わないで下さい。

それでは今日の一曲。

Larry Heard aka Mr. Fingersの大ヒット曲で、
今日のブログのタイトルでもあります。
「Can You Feel It?」。

シカゴハウスの超有名曲で、
初めて聴いた時にはしばらく聴き込みました。
シンプルなシンセベースのフレーズと穏やかなシンセパッド、
曲の構成に変化をつけるリズムパターン。
初期シカゴハウスの典型的な構成パターンです。

初期のシカゴハウスにおいては、
今のように手ごろで高性能な機材は皆無に等しかったため、
当時投げ売り状態だったアナログシンセや
リズムマシンを駆使して作られたものが殆どでしたが、
この曲も多分に漏れず、安いアナログシンセとテープレコーダー、
リズムマシンを使って製作されたようです。
曲を聴く限り、殆どの音は、「Roland JUNO-106でできた音じゃないかな」
と思って聴いていたのですが、
最近買ったシンセサイザー、Roland JP-08という機材を弄っていましたら、
殆ど同じ音がこれ一台で作れ、
特にベースは相当に近いものが作れたので、
一人で自室で小躍りしていた次第です。
そんなこともあり、今回はこの曲を紹介したのですが、
いわゆる「ダンスクラシック」の部類に入る有名曲です。
ご存じない方は、ぜひ聴いてみてください。

TOPへ TOPへ