STAFF BLOG

アケマシテオメデトウゴザイマス

スタッフのつぶやき / 2018年01月13日

こんにちは。

65歳の義父に腕相撲で負けた、
事務所スタッフ・加藤(43)です。

ちなみに同い年の義兄には、
6秒くらいで負けました。
しかも義兄は「指3本」というハンデ付です。
子供たちの尊敬の眼差しが、
全て義父と義兄に奪われました。

そんな正月を過ごしたわけですが、
皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか?

子供もボチボチ大きくなり、
多少放置しても勝手に遊ぶようになってきたので、
「元旦は寝正月だ!」と思って、
少しお酒を飲んでコタツでウトウトしていたら、
妻から一言、「寝るな」と。

おいちょっとまて。

雪山で遭難したわけでもあるまいし、
なぜ私にはウトウトまどろむことも許されないのでしょうか。
「別によくね?」と言いたい気持ちを抑えて、
お正月を迎えた次第です。

今年も残すところあと342日。
がんばっていきます。

それでは今日の一曲。

ブログを読んでくださっている取引先様より、
「ロックンロールっぽいのを」とご要望いただき、
私なりに選んでみました。

エルビス・プレスリー、1968年のシングル、
「A Little Less Conversation (JXL Remix)」
(邦題:おしゃべりはやめて)。

この曲自体のオリジナルは1968年にリリースされたものですが、
今回紹介するバージョンは、
当時の別テイクを元にJunkie XLがリミックスを施し、
2002年にリリースしたもので、世界中でヒットしました。

正直なところ、エルビス・プレスリーについては
殆ど知識がなく、メジャーな曲を2,3曲知ってる程度です。
むしろ、個人的にはJunkie XLの方に興味が向いている次第です。

このJunkie XLという人、
もともとはファットボーイ・スリムなどのような
「ビッグ・ビート」のジャンルを代表するミュージシャンなのですが、
自身の作品は勿論、多数のリミックスと並行して、
今では「バットマン」や「スパイダーマン」など、
映画のサントラも手掛ける、結構ビッグなミュージシャンだったりします。

世界中でヒットしただけに、
日本でも最近CMで使われたりして、
一般的にも馴染みが深いこの曲ですが、
私自身も、この曲には少し思い入れがあります。

2002年8月に、ワーキングホリデーで
カナダ・バンクーバーに住み始めた当初、
殆ど英語が判らなかったため、
観るテレビは、
日本のアニメが英語で放送されていた「Kartoon Network」か、
北米の音楽専門チャンネル、「Much More Music」でした。
そしてその当時、上記の音楽チャンネルをつけると、
かなりの頻度で、この曲が流れていました。
気分がアガる曲なので、
部屋で一人の時でも明るい気分にさせてくれ、
この曲に助けられたと言っても、言い過ぎではないかもしれません。

今から16年前のリリースですが、今でも充分通じるカッコよさです。
ぜひ一度、聴いてみてください。

TOPへ TOPへ