STAFF BLOG

今年もあと半月

スタッフのつぶやき / 2017年12月14日

こんにちわ。

タレ目の眼尻に哀愁が漂う、
事務所スタッフ・加藤です。

語感で書いているだけですので、
あまり気にしないで下さい。

もう!

今年もあと半月ですよ!
年賀状書いてませんよ!
片付けしてませんよ!
談シャリなんて全然ですよ!
↑ 「断捨離」って変換で出て来ないから、
こんなんなっちゃいましたよ。

もう!もう!

あと少しで年末終わりますよ!

ということで、年内のご注文につきましては、
出荷の際、大変に荷物が混みあいます。
着日につきましては、余裕のある日付設定をお願い申し上げます。
今年も残すところあと半月ですが、
ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

それでは今日の一曲。

スケボーキング、2001年発表のシングルで、
「TOKIO LV」。

Dragon Ashとのコラボでも注目を集めた、
ミクスチャー・ロックのバンドでしたが、
2010年に、既に解散しています。
ターンテーブル担当のSHUYAは、
清水翔太や加藤ミリヤのサポートを手がけているようです。

小田和正さんの「ラブストーリーは突然に」から
イントロのギターのカッティングをサンプリングしており、
ストリングスのフレーズも、
原曲のテイストを思わせるフレージングで、
バンドの中でも最大のヒット曲となりました。
サビの「Just get on the bus」という言葉から続くフレーズがテンポ良く、
今聴いても通じる曲だと思います。

このヒットを受けてのものなのか、
バンドのメンバーであるSHUNとSHUYAは、
翌年、嵐のシングル「a day in our life」も手掛けており、
この曲はTBSのドラマ「木更津キャッツアイ」の
エンディングテーマとしてヒットしています。
ここでも少年隊の「ABC」からサンプリングするなど、
ひねりのある作風が面白く、
何気に私のプレイリストの中にも入っています。
上述しましたが、今聴いても全然古くないいい曲だと思います。
クリスマスのパーティーチューンにも、おススメです。

TOPへ TOPへ