STAFF BLOG

冬は切なく

スタッフのつぶやき / 2017年12月02日

こんにちは。

若手女性陣にもきっちり怒られている、
事務所スタッフ・加藤です。

世間では12月に入り、すっかり冬めいてきました。
これから冷たい風が吹きすさび、
襟元から寒気が入り込むというのに、
うちの相方は「自転車で(会社に)行け」と、
「自転車代がもったいないじゃないか」とけしかけます。
こういうのも、巷で騒がれている
「かわいがり」にあたるんじゃないかと、
常々感じているのですが、いかがでしょうか。

さて、前回のブログで「釣りに行く」と書き、
次回は「釣果報告です」と書いていましたが、
大シケ予報が出たため、船長判断で中止になってしまいました。
そのため、釣り自体が延期になり、
釣果報告は次回に持ち越しとなります。
次回、何にも釣りに触れてなければ、
「ああ、釣れなかったんだ」と悟ってやってください。

それでは今日の一曲。

今日から3回にわたって、この時期ならではの宴会向けの曲を紹介していきます。

まずは一曲目。

40代前半の世代にとって、
この曲は宴会の心構えの代名詞と言ってもいいと思います。
とんねるず、1984年12月発売のこの曲です。
「一気」。

とんねるずについては説明不要であると思うので、
この「一気」という曲に焦点を当てていきますが、
この曲、何がすごいって、
作詞:秋本康/作曲:見岳章です。
そう、美空ひばりの「川の流れのように」を作ったコンビです。

この「秋本康・見岳章」のコンビは、
「一気」の後も、「雨の西麻布」、
おニャン子クラブの「恋はくえすちょん」(アニメ「あんみつ姫」主題歌)、
城ノ内早苗の「あじさい橋」など、
とんねるず/おニャン子関連でのリリースが続くわけですが、
この作曲家の見岳章さんは、
もともとは一風堂のメンバーで、
土屋正巳とともに活動していました。

この「一気」という曲自体は、
今これをリリースしようものなら、
世間で大バッシングを受けること請け合いの、
「一気飲みを助長する」典型の曲です。
決してうちの会社が飲み会で一気を助長することはないのですが、
多分、40代以上の世代には、
この曲で謳われている「飲み会の心構え」のようなものは、
結構強く根付いていると思います。
しかし、当の作家陣の二人も、この曲を作った5年後に、
あんなに壮大で美しい「川の流れの様に」という名曲を書くとは、
当の本人たちも、全く想像していなかったと思います。

この曲には、いくつかバージョン違いがあるようですが、
正直、どれが正規のバージョンかは聴いてもよくわかりません。
しかし、久々に聴いてみると、
当時のとんねるずのパワーは、ひしひしと伝わってきます。
考えてみれば、この曲の発表当時、私は小学4年生でしたが、
初めてこれをテレビで観た時に、「なんだこれは!?」と、
ものすごいインパクトを覚えました。
この曲は、レコーディングされたものではなく、
テレビ出演時の映像の方が圧倒的に面白く、
そして、とんねるずと言えば「オールナイトフジ」ということで、
こちらの画像を紹介します。
デビュー当時の荒削りなパワーを、お楽しみください。

TOPへ TOPへ