STAFF BLOG

お金の使い道

スタッフのつぶやき / 2017年11月15日

こんにちは。

小銭が大好き、事務所スタッフ・加藤です。

大きなお金はありませんが、
小さなお金もありません。

なんかさみしくなってきました。

なぜ今日はお金の話かというと、
ここ最近、一生懸命ためたお金で、
年末ごろにシンセサイザーでも買おうかと思っていたところに、
「加藤さん、釣り行きましょう!!」と、僕の心を揺るがす「お声かけ」が。

ここで私が鋼の心を持っていたのなら、「いや、今回は」と言えたのでしょうが、
そこは自制心も自律神経もユルユルな私のこと、
「いいですね!!」

さあ困った。

竿がいる。リールがいる。糸がいる。船代がいる。
=金がいる=金が減る=シンセが買えない。
でも釣りも行きたい。

どうすればいいんだあああああああ!!!!!

多分、今月末ごろには、ガチでスッテンテンになってると思います。

社内で消え入りそうな声で
「ギブミーマネー」とつぶやいてると思います。

そんな私でも、許してください。

そして次回は、十中八九、釣果報告です。
(結局行くんかい)

それでは今日の一曲。
BOYZ Ⅱ MENのデビュー曲、
「Motownphilly (Remix – Radio Edit) 」。

デビュー当初からヒット街道を突っ走ってきた彼らですが、
個人的には、正直、それほど深く聴いたことはありません。
なぜかというと、大学時代にCDショップでアルバイトしていた際、
1993年リリースの「Christmas Interpretations」、
1994年リリースの「Ⅱ」、
この2作が、あまりにも店内でヘビーローテーションされ、
また、両作の発売からしばらくの間、
レジに並ぶお客さん(今では想像できないと思いますが、
休日のピーク時には、先頭から最後尾まで、30人以上お客さんが並んでいました)
の8~9割がこのアルバムを買っていたことから、
すごくいいアルバムだし、力量も充分なことはよくわかっているのですが、
「お前ら他に聴くものないのか!?」と
内心強く思っていたため、買ってまで聴く気になれませんでした。
その時のトラウマにも近い刷り込みが影響して、
今でも手を出せずじまいです。
(繰り返い言いますが、むちゃくちゃ上手いのもわかっているんですよ。)

今回紹介する「Motownphilly」は、
そんな刷り込みが入る前に、
加えて、このバージョンで聴いたせいもあり(←ここ重要)、
比較的、好印象のままで記憶に残っています。
でも今回紹介しているものはオリジナルバージョンではなく、
オリジナルは、かつては彼らがMCハマーのオープニングアクトをやっていたのも頷けるほどの、
コテコテの’90年代HIP-HOPアレンジです。
そちらのアレンジは、正直、今聴くには古さが感じられ、
聴いてて恥ずかしくなってしまうのですが、
今回紹介するバージョンは、古さは感じつつも、
まだ好印象に受け止められそうな気がします。
その要因は、やはり、今や定番となったハウスアレンジで、
四つ打ちのキックとその音色が、年代の古さを緩和させるのだろうと思います。
デビュー当初からこれだけの力量があれば、
今でも受け入れられるのは当たり前だろうと思います。
ご存じない方は、ぜひ一度聴いてみてください

TOPへ TOPへ